2014年英語読書日記 No.23(耳読書No.12) The Book Of Life

Author:Deborah Harkness
Category: Fantasy

Total recommends:
★★★☆☆  
Difficulty:★★★★☆ 
Story:★★★☆☆  
Can't-sleep-degree:★★★☆☆ 
Romance-packed-degree:★★☆☆ 
Adventure-packed -degree:☆☆☆☆☆ 
Mystery-packed-degree:★★☆☆

トリロジー(三部作)のトリです。映画化も決定のはずの最終回。魔女もバンパイアも、デーモンも龍も、お約束のものはすべて出てくる大人の女性を意識したファンタジーロマンス。作者は大学の教授でもあったと思うので、でティールも隙がない。完璧な感じです。

でも、その完璧さが面白さを生むかどうかはまた別。最後までストーリーを知りたくて読みましたが、昔、「トワイライト」を読んだ頃の自分なら喜んだかもしれないなとは思いました。それを大人版にしたようなお話だと思います。登場人物はみな金持ち過ぎるのも玉に瑕ですね(笑)最近そういうの流行ってるからしかたないですね。物語は憧れを反映するものでもあるから。

面白い要素はすべて盛り込んであるのに、なぜ自分の中で盛り上がらなかったのかというと、主人公が完璧すぎる、守るヒーローが完璧すぎる。といっても、主人公たちは悪者にこてんぱんにやられるんですが、それでもまだその完璧さは拭えないのが残念でした。最終巻ではバンパイアがほんとに死ぬ瀬戸際までやられてしまうんですが、それまで無敵に近い完璧さだったので、かえって興ざめでした。今更って感じ。

困ったときにどこからともなく魔法や、幽霊がなんとなくしてくれるってのがやっぱり都合が良すぎます。ストーリー運びもちょっと安楽。主人公がいろんなスーパー能力を身につけすぎ。キャラクターの書き込みが浅くて、感情移入しにくいです。登場人物多すぎかも。

それなりにストーリーは楽しみましたが、書いてみるとちょっとひどいですね。すみません。私たいていのものは楽しんで読むので、滅多にこんなことはないんですが。ファンタジーも好きだしなあ。

でも映画は見てみよっと(笑)映像では面白くなるかも。