英語読書日記50(目読書No.18)Nights in Rodanthe


Author:Nicholas Sparks
When: December 23rd ~ December 29th 2013
Category: Romance
Pages: 240pages

Total recommends:★★★☆☆ 
Difficulty:★☆☆☆☆
Story:★★★☆☆ 
Can't-sleep-degree:★★☆☆☆
Romance-packed-degree:★★★★★
Adventure-packed -degree:☆☆☆☆☆
Mystery-packed-degree:★☆☆☆☆

読書という意味では「年内50冊読むぞ、あと一冊どうしても読みきれるもの」というのはちょっとよこしまなのはわかってはいるんですが、初志貫徹したかった。だから困ったときのニコラスさんです。

あと1週間というところでも、集中する時間が限られていても読めるのはやっぱりこの長さと、読みやすさでした。
しかも中身はこころやさしいロマンスです。この人の作品もすごく安定していて、英語の多読をするにはもってこいです。

中年で離婚を経験した男女が出会い惹かれあう数日を中心に過去を振り返りながら、悲しさを乗り越えてきた女性を描いたお話です。出てくるロダンという海沿いの町の風景画目に浮かぶようなところがよかったです。

ただ、読んでいて、二人が出会って、一時的に離れ離れになる時点で結末が見えてしまうので、それを待つように残りの話を読んでいく形になってしまいました。

たった数日間の愛、遠距離の愛をはぐくむ姿をていねいに描いていて、感動もします。でも、それがいいと思えるときもあるけど、やっぱりフィクションだなと思ってしまうつくりではありました。

英語は定評どおり、すごく読みやすくて集中すれば1日で読めます。多読にはお勧めのレベルと量です。短いけどまとまった話。

年間50冊に導いてくれた作品として感謝したいです。

去年は100冊、目読書で50冊、耳読書で50冊読みました。それはかなり苦しかったです。

今年は半分の50冊。今年は今まですべて読書に費やしていた時間を今度は読書以外の取り組みを大幅に増やした上での50冊だったので、今年は今年でかなり大変でした。

いままでは時間を費やせていた週末も仕事でつぶれることが多く、じっとして読める時間は限られていました。

でも、50冊と決めてからは50冊をやりきることを目標に歩み続けました。有言実行。

読書だけで英語の全範囲の力をつけるのは無理です。

でも読書でつけられる力は英語を超えるものもあります。違う視点で見れば、その両方を手に入れられる。

邪道でも何でもいい、読んで楽しめることが大事。

英語は母国語ではないし、英語の環境でもないので、英語の小説を読むにはやっぱりある程度の強制力が必要です。

それが数百冊になっていけば少しずつ日本語を読むように読めるようになるかもしれない。
そんな夢をもって日々英語の小説を読んでいます。

今は多分250冊ぐらいだと思います。

冊数が大事とかじゃなくて、出会える物語が大事とも思います。

来年は予告どおり、本を読むのを少し控えようと思っています。最低1月中は我慢しようと思っています。春までは読んでも数冊にしたいと思っています。

でも、これからもいい本に出会って、感動して、学んでいきたいです。