2014年英語読書日記 No.30(耳読書No.16) Outlander

Author:George Diana Gabaldon
Category:Historical Fiction

Total recommends:★★
Difficulty:★★  
Story:
★★  
Can't-sleep-degree:
★★  
Romance-packed-degree:
★★★★  
Adventure-packed -degree:
★★ 
Mystery-packed-degree:
☆☆☆

暇があるとしょっちゅUSアマゾンをうろうろしているんですが、その中で自分が読んだことのある作品が写真の表紙に変わっている時があります。

そう、映画化やドラマ化されていることが多い。夏休みに気がつきました。

映画化は無理ですね。これはしょると全然面白くない。ゴージャスにしないと映像化は無理。すぐにDVDが出てないかとチェックしたんですが、まだで待っていました。すると、日本でも見れるHuluという動画サイトでオンエアしていて、見ている人がいることを知りました。
無料期間で見るつもりだったんですが、夫が気に入って、そのまま会員になってます。そこではたいてい日本語字幕か、なしで英語のみという選択。英語字幕はあまりない。

もうそんなことにひるまないよん。字幕なしでも見たいものは見るようにしているこの頃。じゃあ、Game of Thronesでやったようにaudibleで原作を聞いて予習しようと聞き始めました。

これ実は目読書で一度読んだんですが、こんどはaudibleで聞きました。目で読んだ時の読書日記は
コチラ  
2010年に読んだので、まだまだ難しかったようです。4年後だとやっぱり進化があったのかな。覚えているのもあるので、ストレスなく聞けました。語彙力も前回より上だとおもうので、聞いて内容を把握するのはラクだったと思います。びっくりしたのは、ストーリーをけっこう覚えてたことです。

内容はとにかく濃い!耳で聞いてもやっぱり濃い。

原作聞いてからドラマを見始めました。なんと、1巻の半分以前でシーズン1が終わってました。このあとまだまだ怒涛のシーンがあるんだけど、おあずけでした。原作に忠実と聞いていたんですが、けっこう忠実だと思いました。ヒロインがすごくシリアスな感じではありますね。スコットランドを馬で駆け巡るシーン、山肌をバックになんかされると、もうワクワクします。実際はニュージーランドらしいですが(笑)

これは英語で読むのは難しい部分もあると思います。たしか700ページぐらいなので長い。いきなりこれを読むのは力が必要です。歴史も絡んでくるので背景知識がないとさらに苦しいところもあるかもしれません。わからなくてもかなりエンタな部分が多いし、セリフも多いので、読めないわけでもないとは思います。ヒストリカルロマンスが好きの人でこれを知らない人はいなかもというぐらい有名なシリーズです。ベッドシーンも多め。

コスチューム物には弱いんです、私。イギリス史が大好き。これもドラマが続きそうなので、このところのやり方で原作→字幕なしで楽しんで行きたいなと思っています。

最近読書日記を再開させたら、訪問者が増えてうれしいです。ありがとうございます。やっぱり読んでもらえると嬉しいものですね。書いた甲斐がある。

読んでいただきありがとうございます。あと少しで2014年に読んだ本の記録が終わります。ガンバリマス。