The Hate U Give

 

The Hate U Give

The Hate U Give

 

Author:Angie Thomas

Category: Fiction

Length:  464 pages  /  9hrs and 13mins / about 101,500 words 

 
Total recommends: ★★
Difficulty: 
Story:★★★★★
Can't-sleep-degree:
Romance-packed-degree:★☆☆
Mystery-packed-degree:☆☆☆☆


2017年英語読書日記No.82
(耳読書No.70)455冊目

お越しいただきありがとうございます。この読書日記、もう何年もずっと地味にやってるんですが、はてなさんに引っ越してきてから、はてなさんの独自のシステムのなかで、なぜか読書になってくださる方が多くて、びっくりしています。どうやってこのブログをお知りになったかまったくわかっていない私です。知る人ぞ知るブログだと思いますが、なんだかうれしいです。ありがとうございます。
 
昨年12月の分がまだ終わっていません。お引越ししてからなかなか体制も整っていないままですが、なんとか去年のラスト2冊までこぎつけました。
 
この本は引き続きGood Readsヤングアダルト部門の1位だったのもあって聞いてみました。おばちゃんなので、なかなかヤングアダルトもとっつきの悪いのや、気恥ずかしいのも多くなってはいるんですが、これは手に取ってよかったものの一つとなりました。
 
Black Lives Matterという言葉をご存じでしょうか。それがそのままこの本のテーマです。この言葉が出たころに知り合いのアメリカ人と話をしていて、「Black Lives Matterも大事だけど、Every life mattersでもあるんじゃないの?」と何の気なしに口にした私に、「それは一番、今アメリカでは口にしてはいけないこと」と教えてもらいました。そのあと、また本から同じことを学んで実感しました。これも同じテーマ。

Small Great Things: A Novel

これも面白かったですが、すごいどんでん返しが用意されていてもいます。これもお勧めです。

上のピコー史の物語よりも、こちらのThe Hate U GaveのほうがもっとダイレクトにBlack Lives Matterが感じ取れます。アメリカ人に言われた言葉をしかと受け取って、なぜBlack livesなのかということをかみしめました。

存在そのものが否定の対象になっている。表向きは「人種差別はダメだ」と叫びながらも、その言っている人の気持ちは本当にそれについて行っているのか。アメリカのはっきりとしてるようであいまいにもされている宙ぶらりんの問題だけでなく、世の中にはそんなことがたくさん。そんなことを考えながら一気に聞き終わりました。

例えば、ちょっとそれるかもしれませんが、日本のバラエティー番組がテレビでかかっていて、「日本に来た外国人観光客に聞きました」というので、なぜか白人ばかりが登場することにみな違和感を感じないのだろうかとかです。本当はアジア系の観光客が圧倒多数なはずなのに。100歩譲ってアジア系の人が出てきても、すべて英語で、出身国がオーストラリアとかという場合が多い。

話を戻します。すみません。

英語はヤングアダルトなのもあって語彙が難しいとかはあまりないと思います。高校生が主人公なので、若者言葉やスラングがあったと思います。黒人の女の子が主人公なので、ナレーションもおそらく黒人女性で、これがすごくキュートです。ちょっと間延びする話し方がすごく好きになって、ずっと聞いていたい気持ちになりました。

物語に乗せて大事なメッセージが込められている話はやっぱり人を惹きつけます。パワフルなこの物語。たくさんのティーンエイジャーや大人にも共感を与えたと思います。

さて、次はやっと2017年最後の作品です。

読んでいただきありがとうございました。

 

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

 12月合計   462,000語
  合計 53,938,993語