Fire

Author: Kristin Cashore
Category: Fantasy ( Young Adult )
Length: 461pages
  • Total recommends:

    Difficulty:

    Story:

    Can't-sleep-degree:

    Romance-packed-degree:

    Adventure-packed -degree:

        • Mystery-packed-degree:

2015年英語読書日記 No.23(目読書No.6) 
287冊目

これは春休みに大きな本屋さんで洋書のバーゲンしていた時に買った2冊のうちの1冊です。3部作の2巻目で1巻をすでに読んでいたので、買ってみました。
1巻はこれ、
これはaudibleで聞きました。雪山越えのシーンは迫力満点で面白かったです。

その期待を抱きながら、そしてヤングアダルト(ティーン向けの小説)なので、読みやすいから、またどなたかにお勧めできたらいいなあと思いながら週末に一気読みしようと読み始めました。

週末どころか、時間かかったですわ。

ヤングアダルトの特徴は、この間もちらっと書いたんですが、「独りよがり度」の高い作品が多いということです。これもそう感じました。その独りよがり度も、いいように前面に出ると、ティーンに大うけして大ヒットしたりしてるんじゃないかと思うんですが、そうでない場合も。

まず、大人が読むには説明がし足りないところが多すぎて、「これも特殊能力かあ、はいはい」となってしまいます。それを納得させるだけの描写があればいいのですが、込み入った感情の紆余曲折抜きに、いきなり「愛している」となるとちょっと私には無理です。納得がいかないと、面白味がかけてしまいます。せめてaudibleで聞いていればもう少し面白く感じたかもしれません。行間が読めないぞ。

それと、続きとありますが、続きではなく、違う話でした。1巻で出てきた主要な登場人物の少年時代に再び悪役として出てるだけです。1巻で、「このあとの二人の、王国の行く末は?」と思っていただけに肩すかしになってしまいました。

途中で読むのやめようと思ったんですが、なんとか頑張りました。最後は盛り上がって読み進むことができました。

英語はとても硬く感じました。平易な英語の合間にちょろちょろ難しめの単語も。昔読んだこの本に似た感じの硬さです。
これは1巻が面白かったです。その傾向も似てるかも。

ファンタジーなので、カジュアルさがあまりなく、かえって女性向けの俗語も出てくるコメディのほうが読みやすいかもと思いました。

私がおばちゃんなのでこの話はあまり面白味を感じなかっただけであって、それ相応の年齢の子が読めば面白いかもしれません。

ヤングアダルトを読むにあたって気づきがあったので、またそれは別記事で書こうかなと思います。

とりあえず、ちゃんと完走できてうれしいです。

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。