2014年英語読書日記 No.4(耳読書No.2) War Brides

Author:Helen Bryan
When: February 3rd~ February 15th 2014 
Category:Historical Fiction

Pages: 497 pages
 

Total recommends:
★★☆☆  
Difficulty:★★
☆☆
Story:
★★☆☆ 
Can't-sleep-degree:★★
Romance-packed-degree:★★  
Adventure-packed -degree:
☆☆☆☆
Mystery-packed-degree:
★★

第一次世界大戦前後にイギリスのある村にたまたま居合わせた女性たちを描いています。アメリカ南部から嫁いできた女性、乳飲み子をかかえ疎開してきたユダヤ人の若い女性、ロンドンの空襲を避けるためメイドとして疎開してきた女性、奔放な性格で、ロンドンの社交界にいられなくなり、知り合いに預けられた女性、フィアンセをアメリカ人女性に奪われた女性。それぞれがそれぞれの事情を抱えながらドイツとの戦争に国が明け暮れる中、必死で生きていく様を描いています。

途中から少しミステリーっぽくなっていくんですが、その謎の解き方が性急すぎるのと、その解けた謎自体がインパクトがあまり強くなくてちょっと残念でした。なんだ、それで終わりなのかみたいな。

歴史が絡んでいるので事実を元に話が構成されていて、展開によってはおもしろくなるであろう話でしたが、私にはちょっと散漫な感じがしました。くどさも感じちゃいました。ごめんなさい。

主要な登場人物が5人で、まずキャラクターの把握に苦労しました。前半が長くて把握しずらかったです。audibleだったのでよけいかもしれません。南部訛りやコックニーにはちょっと苦労しました。

キャラクターの描き方もちょっと入りきれない感じでした。いちばん入り込めたのはユダヤ人の若い女性の部分でした。わかりやすかったのもあると思います。あとは少し無理があったような気がします。

女性の視点から第二次世界大戦を描いているのはいいと思います。一瞬「これは女版 ケン・フォレットか?」みたいな感覚にもなりました。でも最後の終わり方はちょっとなあ。すごくヒットしてて、評価も高めでしたが、私は★3つです。