祝!300冊達成

英語読書を本格的に始めたのは英検1級に合格した5年ほど前からです。

その前にもぽつぽつと原書で本を読み始めていました。

当時は誰もが読みたかったハリポタ に始まり、ロード・オブ・ザ・リングも辞書を壊しながら読んでいました。ダン・ブラウンのヒット作は日本語で読んでから挑戦したりもしました。

その前は子供と一緒に赤ちゃん用の英語の本に始まり、Graded Readersを読み漁りました。自分で何十冊か購入した後、図書室にあるGraded Readersを借りて読んでいました。

上にも書いてある通り、この300冊は原書で読んだ数です。右のbooklogの本棚の数を合わせた数なはず。裏読書と読んでいる(笑)公表していないものを合わせるともっとですが、数えていないので、わかりません。あ、最近は少なくなりましたがね。さすがに忙しくなっちゃって。マメなようでマメじゃない私です。読んだ語数もとっくに断念したし、ページ数もつけてましたがそれも断念しました。その時間読む時間に費やしたい。

今の目標は500冊。

100冊で自分の中の世界が変ると思って始めたんですが、あまり自分の中での変化は感じませんでした。

200冊でも一緒。

300冊になった今何か違いがあるかと聞かれると、

あるとも言えるし、ないとも言えます。

読む速度もさほど上がっていないと思います。

ただ、前は苦手だった時事英語を読んだりすると、あまり抵抗感がないような気もします。「ふーん、そうなんだ」と普通に反応できるのがうれしかったりもします。それは、別の理由があって、世界のニュースを毎日聴いてるからというほうが大きいかも。

精読をする時間がないので、多読、多聴でどれだけあげれるかというのも自分に課しています。本を読むように時事英語も入試問題も読む(一応英語教師(汗))。返り読みもしない。

という意味では変化はあるのかもしれません。

500冊になったら、変化というより、違和感がなくなるのではないかなあというのが今の感覚です。

英語を上達させたい一心ではじめた英語読書。

ミイラ取りがミイラになるように、物語そのものに夢中になれるようにまでなってきました。感動する話に出会うともううれしくて。

もう何度も書いていますが、

「英語が上達したい」 から「英語で知りたい」になれば量なんてあっという間に凌駕できるということはわかりました。

本だけでなく、いろいろなことも。

その域に来れただけでもやった甲斐がありました。

亀の様に、1冊、1冊を楽しんで。

これからもまた1冊と積み上げていきたいと思います。

大げさだけど、自分の人生が1冊ごとに豊かになるような気がして。心ふるえるたびにやさしくなれるような気がして。

読書が与えてくれるたくさんのご褒美。

これからも謙虚に読み続けたい。だれかに押し付けるのではなく、読んだ感動を誰かがまた体感してくれたら、より私も豊かな気持ちになれるだけ。それだけです。

自分の心の中に培ったそれらが、形を変えて今度はあなたに伝わればうれしいです。

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。