Amy Snow

Author: Tracy Rees
Category: Historical Fiction
Length:  576pages /15hrs and 46mins

Total recommends:
★★★☆
Difficulty: 
★☆☆☆
Story:
★★★★☆
Can't-sleep-degree:★★★★☆

Romance-packed-degree:★★☆☆☆
Mystery-packed-degree:★★★★★


2015年英語読書日記 No.58(目読書No.15)322冊目  

audibleのサイトでお勧めでいつも出てくる作品をちょっと聞いてみました。ビクトリア時代の孤児の女性のお話ですが、「あしながおじさん(実際にはあしながお姉さん)」ビクトリア朝編といった感じです。

ビクトリア女王の時代にこんなことありえないだろうけど、そんなことはどうでもいいのよという勢いで楽しく聞けました。ロマンチックで、秘密がひとつずつ明かされていく進み方はついつい聞き進むので、ヒストリカルフィクションで甘めのものがお好きならこれはうってつけです。

イギリスのある地方の名士の一人娘が8歳の時に雪の中で置き去りにされた赤ちゃんを見つけます。彼女はその赤ちゃんを自分のお気に入りのお人形の名前と雪からAmy Snowと名前を付けて自分の屋敷で引き取ってもらうことに。でも、領主の両親は孤児のAmyを忌み嫌います。

なんかちょっとロマンチックな魔法なしのハリポタ7巻?に似ているような。手紙で指示される手がかりをもとに少しずつ謎を解いていくAmy Snow。あ、分霊箱とか、悪い魔法使いとかは出てきませんがね。Snowというのも、聞いたことがあるような(笑)

謎が最後に明らかにされていくので、設定はとってもとってもおもしろいんですが、しっくりこない部分もありました。謎が明かされても全部はすっきりしないという感覚もあって、★一つ減らしました。

英語はこういうヒストリカルものは読みやすいと思います。俗語も少ないので英語ネイティブスピーカーでない人にはけっこうとっつきやすいのではないかといろいろ読んで思っています。これはビクトリア時代のお話だけど、実在の人物を扱っていないし、(多分)どこまでもフィクションなのでさらに読みやすい感じ。

こういうのはストレス解消になって、私はとっても楽しかったです。

後で見てみたら、日本アマゾンでKindleなら破格の値段というのもお得感がありましね。私はアメリカアマゾンのaudibleなのであんなに安くはなかったけど。

ヒストリカルフィクションは大好きなんですが、あまりにロマンスすぎず、あまりにエロチックでないものを求めると案外見つけるのが難しい時もあります。読んでみないとわかりませんものね。

ということで、2015年度のものもあと残すことろ2冊。なかなか書けないなあ(涙)なんとかガンバリマス。仕事も始まりますしね。

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。