英語読書(耳読書No.35)日記 The Little Prince (Audible)

The Little Prince
The Little Prince
クチコミを見る
Author :Antoine de Saint-Exupéry
When: September 19th ~ September 20th 2012
Category:Children's book
Length:2 hrs (96 pages ) ×2= 4hrs

Total recommends:★★★★★
Difficulty:
★☆☆☆☆
(耳読書としての難易度です)
Story:★★★★☆
Can't-sleep-degree::☆☆☆☆☆
Romance-packed-degree☆☆☆☆☆
Adventure-packed -degree:☆☆☆☆☆
Mystery-packed-degree:☆☆☆☆☆

2012年読書合計68冊目 (目読書+耳読書+裏読書)

ストーリーを読んだことがない人はいても、このタイトルを知らない人の方が少ないかもしれない古典中の古典?
を聞いてみました。

ここのところ比較的時間の短い作品に手をつけている私です。これが今までで一番少ない。でも、さすがクラッシック作品。

2時間なので一日の通勤時間とプラスアルファあればホントに一日で聴き終ります。言葉がとっても深淵。

ふと思い立って2回繰り返して聞いて見ました。短いのだとアクションから終わるまでの1サイクルがすぐなので、フットワーク軽くできてこれはおススメ。1回目でなんとなく聞いてたり、考え事してたりして聞き飛ばしたりしたところを聞き直せます。何度も聞いてセリフを覚えてもいいかも。とも思いました。1日1回×2日聴きました。

気に入ったのが、心さみしい大人の友人に捧げると冒頭で献辞が読まれるのですが、訂正がはいります。「子供だった頃の友人に」これがかなりいい。子供の心をもった大人が読む絵本です。

でも子供向けだと思ってたら、あなどれません。言葉はシンプルですが、意味は深い。一つ一つにいろんな解釈がつけれそうな内容で、哲学してます。私はほんとにこれ初めて読むので、何の予備知識もないんです。だから素の感想です。

家で「星の王子様聞いたんだよ」と家族に言ったら、子供が「ママ私も読んだよ。家にあるよ」と本棚から日本語訳を出してきてくれました。え?知らんかった(汗)パパが買い与えていたらしい。

子供と「あのシーンがよかったよね」とか「蛇にかまれて死んだ」「いや死んでないよ」と二人でいろいろ話ができてよかったです。ついでにちらちら日本語訳を見ると、なんだかイメージが違いました。フランス語から英語にも数回訳されていて、翻訳家泣かせなんだろうなあ。あの深い意味をどうとるのかが鍵なような気がします。すごく示唆的な内容だと私は思いました。

英語は難しい単語もたくさんは出てきません。でもすごく意味が深く感じたので最初は★2つけてたんですが、一つに訂正しました。うーん、悩む。1,5ぐらいな感じで。

日本ではUnabridged版もabridged版も入手できます。下はabridged版で俳優リチャードギアと共演してるのが、「シックスセンス」や「ペイフォワード」「A.I.」で天才子役と言われたオズワルド君。王子役のようです。聞いてみたい気もしたけど、やっぱり完全版でプロのナレーションのほうを選んだ私です。

The Little Prince
The Little Prince
クチコミを見る

ちょっと短めのものに挑戦しているのは、疲れているのと、「耳読書をはじめたい」方々にいいのがないかなあと見つけて聴いている状態です。これはいいかも。本と一緒に読んでも負担にならない長さです。

この本は「耳読書」の本で知って、ダウンロードして聞いてみました。まだまだ検証中です(笑)また感想は後日。
CD付 英語は耳読書で学べ
CD付 英語は耳読書で学べ
クチコミを見る

次の本も同じく耳読書の著者の方のお勧めを聴き終ったんですが、これも短くて今日で聞けてしまったので、また2回目きいてからUPします。

目読書をする時間がない分、耳読書で頑張っています。でも疲れたり、仕事のことや、ブログの記事のことをつい考えてしまうとすぐ気がそがれる日々です。それを凌駕するほどの作品にまた出会いたいなあとも思っているこのごろです。

読んでいただきありがとうございました。