英語読書日記 (目読書No.19 )Me before You

Me Before You
Me Before You
クチコミを見る
Author:Jojo Moyes
Period:June 3rd~June 10th
Category: Contemporary Fiction
Pages:512pages

Total recommends:★★★★★★
Difficulty:★★★☆☆
Story:★★★★★
Can't-sleep-degree:★★★★☆
Romance-packed-degree:★★☆☆☆
Adventure-packed -degree:☆☆☆☆☆
Mystery-packed-degree:☆☆☆☆☆

Kindle 
2012年 目読書19冊目 / 2012年読書合計37冊目

古いお城、庭園の迷路、閉ざされた館に自由を奪われた身で、自分の死だけを願うWillのもとに雇われてやってきたのは、普通ならすれ違うこともないワーキングクラスのLou。

イギリスの影のある古城の木々の色の変わり目とともに移りゆく心。かたくなな心。

決められた日付までの時間が刻々と流れていく。

Best before 2007
Best 6 months of their life
In 2009

Me before you

淡々とした語り口なのに、心をわしづかみにされる経験を久々にしました。今年読んだ中で3本の指にいれたいと思う心ポイニャントストーリー。本格的に読み始めたのが水曜日、500ページちかくを5日で久々に読了しました。読んでいない時も頭の中に主人公たちが息づくかのような気分でした。

内容はけっこう苦しい設定です。人生を約束されていたブルジョワジーの生活から、一転、事故に巻き込まれて首から下の自由をほとんど奪われた男性とその介護の仕事をするワーキングクラスの女性のお話です。

でもその暗い現実を感じさせない淡々とした感じで話が続いていきます。ものすごくイギリスの雰囲気が出ています。これはイギリスでは確か去年のベストセラー作品。アメリカでもじわじわと評価が高い作品です。ずっと読もうと思っていたんですが、500ページ越えというページ数ににびびってました(笑)

評価の数が多くて、星がほとんど5つという作品もめずらしいです。ベストセラーでも★3つ4つという作品もあります。それぐらい読んだ人の心に残る作品なんだなあと読んで納得。

またまた出会ってよかったです。

すごくドライな描き方です。人の命、生きる事を本を通してゆっくりと噛み砕くように、なにかを訴えるというよりは暖炉の上に置かれているかのような物語。お涙ちょうだいなお話ではなく、深く心に響くお話でした。イギリス特有のサカースティックさの合間に見える深い悲しみ。決して悲しさを前面にださないからこそのこのお話の高いセンスを感じました。物語にありがちな作った感じ、お話っぽい安っぽさがないのが魅力です。やっぱりラストが秀逸。ラストに弱い私です。

これは映画決定らしいです。是非見たい。この悲しいけど淡々とした時間をはたして描くことができるのか見てみたいです。Willは誰が演じるのか気になります。若い日のジュード・ロウがいいなあ。いや無理?映画「ガタカ」で演じてた車いすのハンサムぶりを思い出しちゃって・・・。きっともうちょっと抑えた感じだろうと思います。

作品中にけっこう小説の名前や、映画がでてきて楽しかったです。一つは「風の谷のナウシカ」。タイトルが出てきたわけではないですが、英文からわかる。

結婚式のシーンもあったので、自分が出席した結婚式、これから出席する結婚式を合わせて想像しながら読めてよかったです。

このお話はもしかしてすごく好き嫌いに分かれるお話かもしれません。「死」についての問題定義もはらんでいるから。私はノックアウトされました。”Never let me go"を読んだ感触を彷彿とさせますが、そのあとドライで涼しげな風がプラスされた感じでもあります。

英語はそれほど難解ではないです。会話文も程よく出てきて読み進みます。ほとんどが主人公Louのナレーションで、間に4人の視点で語られる部分があります。うまい設定。身近なことを淡々と描いているところは単語もむずかしくないですが、イギリス特有の語彙も出てきていると思います。

タイトルのbeforeのとらえ方も絶妙ですよね。両方の意味を掛けているのではないかと読みながら思いました。

次に読もうとおもっているのは、この作品中に出てきた、「Red Queen」。この本のやり取りがあって面白かったとあったので、背中を押されるように思わず日本アマゾンで昨日注文しちゃいました。在庫が最後だったし。これは大好きな歴史本だからPBにしました。ずっと読もうと待っていた本にいよいよ着手するんですが、ちょっと前哨戦として同じ作家の最新YAを読もうかなと思っています。どうしようかな。

今日は車で3往復以上したので、(耳読書ばかりが進む(汗))読めるかどうか不安でしたが、無事読了。夜に子供が算数に苦しんでる横で仕事の準備をしてから残りの10%を読
めました。なんて母ちゃんだ。ごめんよ。

今日も読んでいただきありがとうございました。
さあ、来週もがんばりましょうね。