2011年英語読書総括(6) ジャンル別 ロマンス編

2011年の英語読書の53冊のなかでおもしろかった本ジャンル別

今回はロマンス
これは多くて最後の方まで残していました。愛あるロマンス大好き~。読んで幸せになるのがいいですよね。
疲れているときにも読めるし。おばちゃんの心を潤してくれるし。

今年の私の5本の指に絶対に入るベストロマンス一押しはこれ。
14.Sophia's Secret (Winter Sea)
Sophia's Secret         The Winter Sea
私はPBでイギリス版を読みました。アメリカ版は右側。イギリス史オタクとしての満足感も、うっとりするようなロマンスと同時に味わわせてくれる上質のロマンス。最後にぞわっとくる感じを味わえた作品の一つ。カナダの作者ですが、かなりイギリスオタクの人です。これは読んだ人の評価がすごく高い作品で、これを読んで同じ作者の作品を読み始める人が多いようです。私も今年であってよかった作者のひとり。ヒストリカルロマンスともいえますが、アメリカのヒストリカルロマンスは一つ間違えるとちょっとエッチ系ともいえます。それはそれでおもしろいんですが、それとは一線を画したのがこれ。同じようお話を書くのでよく似た話がおおいですが、これもいい。同じ作者です。
32.Mariana
Mariana
Sophia's Secretほどではないですが、うっとりしちゃいます。イギリスの昔が絡むと目がない私ですがね。

現代ものもいくつか読みました。また同じ作者のものを読もうと思ったキュートな作品。
50.Garden Spells   
Garden SpellsGarden Spells
よかったです。読みやすいし。気持ちが入りやすい。心優しい人がたくさん出てくるハッピーになれるお話でした。
来年またこの人の作品ミステリーとかの間にはさんで癒されよう。

以上ロマンスでした。