英語読書日記 Linger

Linger (Wolves of Mercy Falls)
Linger (Wolves of Mercy Falls)
クチコミを見る
Author: Maggie Stiefvater
Period:July 21th~July 23th
Category: Young Adult
416ages

Total recommends:★★★★☆
Difficulty: ★★★☆☆
Story:★★★★☆
Can't-sleep-degree :★★☆☆☆
Mystery-packed -dgree★☆☆☆☆
Romance-packed-degree:★★★☆☆

これはひとつのラブストーリー

今までこれほど多くの愛の形があって
それぞれの愛によって人が違う行動をすることなんて知らなかった

今までそんなにたくさん「さよなら」を言うすべがあったなんて知らなかった
(本文より)

あらすじ
GraceとSamは不思議な縁でつながれている。Samはかつて「オオカミ」だった。Graceが幼少の時にその「オオカミ族」にかまれたときに狼だったSamがGraceの命を助けてからの運命。GraceはSamのようにオオカミになるはずが、その後父親の車に置き去りにされたときに高熱を出したためにその作用が体のなかかで止まってしまい、人間の姿をとどめていた。人間の姿になったSamと生きていく決心をしたGraceだが、状況が変わろうとしていた。Graceの両親はSamを煙たく思うようになり、ある日Graceが高熱を出したのがきっかけで部屋にSamが毎晩泊まっていることが両親に明らかになってしまう。それが決定打となり二人の交際は強く反対され、二人は共にいることが難しくなっていった。

そして、Samの父親代わりで、オオカミから人間に変わる最後の季節を経てオオカミに完全になってしまったBeckがSamと仲間のために新しくオオカミにした人物が現れた。しかし、彼らの「Shift」(オオカミと人間の間をいったりきたりすること)はいままでのパターンと違っていた。新しくオオカミになったColeにSamは違和感を感じる。

そしてGraceとSamに訪れる運命。それはMercy Fallsに訪れる季節と共に移り変わろうといていた。

これはwarewolfのお話で「Twilight」を好きなら、きっとこれも・・・。みたいなキャッチコピーがあります。人間が狼男(女もあり)に変身するお話ですがから、ヴァンパイア同様、パラノーマルの分野なんですが、そのパラノーマルというジャンルが本当にふさわしいのかなあと思わせてくれるお話です。

人間でない主人公が超人的な力を持つわけではなく、ただひたすら悩み、苦しんでいきます。普通の人間が恋して悩み苦しむのとなんら変わりなく。「狼になる」というその非現実さがまるで現実にある、あるウィルスに感染するといった一種の「病気」のように扱われていて、そのハンディを背負って人生を歩んでいくといった形です。だかこそ読者がとても感情移入しやすい。

1巻よりちょっと話が複雑になっていて、語り部が増えます。だから1巻で主人公二人に焦点があてられていたのが、他の個性の強いキャラクターの視点によってちょっと二人のちょっと押したら崩れてしまいそうなfragileな雰囲気が少しぼやけた感じではあります。それでも切ないですがね。1巻のようにSamが今すぐにでもどうにかなるというハラハラ感がなくなって、ちょっとスローテンポに感じました。強力な新たなキャラクターの出現によって、もちろん主人公二人の場面も減るので、散漫な感じはしかたないです。

最後の最後の30ページほどですごい展開になって、「もうこれ以上Samをいじめないでぇ~。」状態に。あまりにも悲しすぎ。いつもいつも悲しみを背負って、Graceと過ごすことで時折見せる幸せに、「このまま続くのかな、この幸せ」といった感情を読者に与えるはかなさ。これがこの本の魅力なんでしょうね。

英語は1巻よりは難しいと感じました。★は前は1つでしたが、2ツ半ぐらいの感じ。若者向けって巻が進むにつれてちょっとずつ難しくなっていく傾向があるんでしょうかね。まだ数こなしていないのでなんとも言えないんですが。表現は1巻同様詩的だと私は感じました。1巻は冬の息が見えそうな感じ。2巻のテーマは「熱」かな?と思いながら読みました。すごく素敵だなあという表現がたくさんあるんですが、メモして覚えているのはこれだけ。家で最後らへんを読んでいた時。(あとはすべて外で読んだので)

I closed my eyes and opened them again. In between I saw  Victor. 

単語はけっこう調べました。特に医学っぽいのを。英検単語っぽいのでわかってるといいかもと思う単語は、

nausea むかつき
contemptuous 軽蔑する
rock-bottom どん底
pang いたみ
cathartic 精神浄化作用のある
ooze にじみでる
gullible だまされやすい
lethargic 眠い
touche (仏)1本!参った!やれれた!(これ使ってみたい)
vindictive 復讐心に燃えた
catalyst 触媒
syringe 注射器
vertebrate 脊椎
penchant(仏)強い好み
albeit にもかかわらず
concoct でっちあげる

全部あげるときりがないので主要なもの。この半分以上は1級で見たことある単語です。「忘れたらまた出会う」これ私のモットー。

私は1巻は切なくて何か所か涙しちゃったんですが、2巻は泣くほどではありませんでした。ファミレスで読んでちゃあ泣けませんけどね。ごめんなさい、子供を待つ間に2時間以上長居したおばちゃんは私です。でも、そこで他の人が食べてるのを見て、また夜近所の違う支店に行って「夏カレー」食べたからゆるしてええ。(仕事で夜になったので今日はしかたなく外食)

で、ラストは?1巻と同じく何とも言えないミネソタの風が心に吹きます。Samの幸せを願うよ私。ほんとに。3巻読むよ。アマゾンさん早く届けてくださいね。

1巻で終わってもいいし、二人の愛の行方が知りたい人は2巻を読んでもいいと思います。そして
次は3巻。これは終わってよね。Fallenシリーズに裏切られた私。映画化されるそうですね。あれはゴージャスになるだろうなあ。ダニエルはだれがするんだろう。

そうそう、PB姉妹がじわじわと増えつつあるような?(笑)
うれしいかぎりです。

Join the Club!

今日もきていただいてありがとうございました。