The Passion

The Passion
The Passion
クチコミを見る

Author:Donna Boyd
Period:4.18. 4.24. 4.25.2011(About 3days)
Category:Paranomal
389pages

Total recommends:★★★☆☆
Difficulty:★★★★☆
Story:★★★☆☆
Can't-sleep-dgree:★★★☆☆
Mystery-packed-degree:☆☆☆☆☆
Romance-packed-degree:★★★☆☆

基準や感想はあくまで一英語学習者の主観に基づくものです。ご了承ください。

まさにパッション!ドラマチックWerewolfものの元祖?

薬が効いて持病が治まりつつあり、先週は何時間も寝てましたが、そうなると収まらない「PB読みたい病」。
今日は他の英語の勉強をかなぐりすてて、朝早くに家事をがんばって済ませて、朝からPBだけで過ごしちゃいました。というのも、うちにきたPBの表紙は上のやつとは違うヤツで、カバーなしには持ち運べないもの。それにちょっと気恥ずかしいメロドラマでもあるので、今週末にやってくるお客さんの前においとくのはちょっと恥ずかしくって。でも今日読まないと明日からは仕事。で、2日ぐらいで130ページほど読んでいたんですが、今朝から一気に全部読みました。ちょっとく、くるしかったですが一日200ページ以上越えに挑戦しました。いえ、かなり苦しかったです。でも後半は盛り上がっておもしろかったので、一気読みできました。

パラノーマルものを久々に読んだような・・・これはけっこう古いものだと思います。一つ前が結構自伝的なお話で現代が舞台だったので、今度は現実離れした昔風なドラマチックな話を読んでみようと、ロマンスの大家雪柳さんのところで紹介されていたのを選んでみました。今はハリポタやアンダーワールドやらで狼男は当たり前ですよね。あ、ヴァン・ヘルシングも結構好きなミーハーな私です。ヒュー・ジャックマンが気に入っているのか、あの話がすきなのか・・・どっちもー!

パラノーマルで最近でてきたウェアウルフといえば、トワイライトシリーズですね。欧米の方は好きなんですね。これとバンパイア。私も大好き。ポーの一族また読みたい。

舞台は現代のニューヨーク巨大財閥の会長ニコラスの持つある機関で殺人事件が起こる。その殺人は人間が起こしたものとは思えないような残虐な現場だった。実はニコラス率いる一族はウェアウルフ(狼人間)の一族で、敵は人間ではなさそうだった。嗅覚の優れた彼らは犯人を捜そうとする。その中には人間のにおいも含まれていた。犯人は人間なのか。疑うニコラスに父であるアレキサンダーがこの闘いの発端となったある悲劇を語りだす。それは19世紀の華やかなパリ、そして極寒の地アラスカで起こった愛の悲劇の話だった。

この話を読んでいて、ちょっと思いだしたのは、「インタビュー・ウィズ・バンパイア」いつか原書も読んでみたいような気もしているのですが、映画を見ました。あとで見るとやっぱり、「バンパイアがアンライスなら、ウェアウルフはドナ・ボイド」みたいなことが表紙に。そう、共通点ですが、なんか貴族っぽいウェアウルフものです。女性ならでは。ウェアウルフ一族の存亡と禁断の人間とのかかわり、愛憎劇とでもいいましょうか。とてもドラマチックな展開が用意されています。

一気読みするとやっぱり長くかかるものよりは面白みを感じて読めました。ありえない話でも楽しんでしまう私なので、万人受けするかどうかは判断できません~。短い読書遍歴ではまだ判断しかねますが、前に読んだ「Outlander」といい、なんだかドラマチックで壮大なお話です。というワケでついでに最近のウェアウルフものも読んでみようかなあとも思っています。「Shivers」でしたっけ?

ちょっと最近は字を読むのがつらいこともあるので、これは字が細かくて、印刷がよくなくて(字が読めないところもあった)それも苦しかったです。本は新品だけど本があきらかに年数たってる感じもしました。古い在庫のようです。英語もやっぱりOutlanderと重なりました。そんなに簡単ではないような。軽い感じはありません。最後100ページぐらいで電子辞書の電池が切れたのでなしでまたタドキスト読みしてしまいました。電池入れます。

次回はちょっとお客さんが来るのでちょっと見栄はって「Atonment」を読んでみようと思っています(笑)イアン・マキューアンってイギリスの方ですよね。週末イギリスの方がちょっとだけうちにインドから来るので。話のネタになるかもしれないし。

映画見て、原作を前から読もうと思っていたんですが、戦争物でもあるので、ちょっと暗くてね~。あっこさんが読まれると聞いたので、アマゾンに行ってみたら、「あと4点です。」なんてあるとついポチッとしてしまうんですよね。こんなことでもなければ手にしていなかったかも、ブログ仲間に感謝ですね。ありがとう。

ブログを更新できない間に、御見舞いをたくさんいただきありがとうございました!

今日も来ていただいてありがとうございました。
いい一日をお過ごしください。