Sophia's Secret

Sophia's Secret
Sophia's Secret
クチコミを見る

Author:Susanna Kearsley
Period:3.29.2011~4.3.2011( about 1 week )
Category:Fiction based on history
521pages

Total recommends:★★★★★
Difficulty:★★★★☆
Story:★★★★★
Can't-sleep-dgree:★★★☆☆
Mystery-packed-degree:★★☆☆☆
Romance-packed-degree:★★★★★

基準や感想はあくまで一英語学習者の主観に基づくものです。ご了承ください。

What a romantic, history-rich story!
埋もれた歴史を秘密を掘り起こしてなおかつ現代につながっているラブストーリー 

日曜日にまたまた最後の200ページ一気読みしました。お、おもしろかったです。イギリスのアマゾンで見つけてこれは完全に私好みの作品だと思って、日本のアマゾンで取り寄せたんですが、大当たり!表紙はちょっと甘めだと思うかもしれませんが、中身はすごーくリッチです。

私はおそらく普通の方よりイギリスの歴史に明るいと思うのでこの本で語られている歴史について全く違和感を感じずに魅了されるまま読みましたが、そうでなくてもきっと惹かれる方も多いのではないかと思います。イギリスオタクというかイギリス史おたくかも。昔イギリス人にばら戦争の説明をして驚かれたことがあります。いや、今はかなり忘れたのでできませんがね。

舞台は2つ。現代と300年前の同じスコットランドの海岸。カナダ人作家であるCarrieはあるスコットランドの史実に基づいた物語を書くために訪れた古い古城のあとのそばに惹かれるようにコテージを借りて作品を書き始める。そこで彼女は不思議な体験をする。作品を書こうとするとじぶんのなかから湧き出るように話が出てくる。それは300年前のSophiaという女性の目を通して見る300年前の記憶であったのだ。Carrieは自分の創作なのか「記憶」なのか不思議に思うが。史実によってそれが事実だと明らかにされていく。300年前に主人公Sophiaがであったのはジャコバイト(カソリック王のシンパ)であるJohn Morayひと目あったその時から2人は恋に落ち、愛を誓うが、プロテスタントの女王とカソリックの王との政権争いのさなかだった。会ったのもつかの間、Johnはパリの王のもとに帰らねばならない日がやってきた。二人の再会の日はあるのだろうか。そして守り抜かねばならない「秘密」とは。

史実に基づき、その中に埋もれている人物を生き生きと蘇らせてるその力量が素晴らしい。歴史を捻じ曲げずにこれほどまでに「物語」を展開するなんて。歴史好きの私が読んでいてどれだけわくわくしたか。途中、大学の歴史の先生役の男性が歴史にうとい弟にイギリスの王室のことについてわかりやすくレクチャーします。それだけでも楽しかったです。「そうだった。そうだった。」と思いながら読みました。おそらく300年前のヒロインはフィクションかもしれませんが、あとは「実在した人物」が書いてあるので、そこが魅力だなあと感じました。それと、タイムトラベルではなく「記憶」を使ったのもとても新鮮で作品の中の「歴史」を浮き彫りにできていると思います。記憶が現代まで繋がって、人が再び出会う。背中がちょっとぞくっとしました。素晴らしい。作者のリサーチ力はすごいと思います。最後にどうやってつじつまを合わせていったかとか、実在の人物の書簡を調べたこととか、実在の人物のその後が巻末に書いてありました。

ヒロインの2人のSophiaとCarrieの2人の恋が平行して同じように進行していきます。それもちゃんと理由が残されて。非常にロマンチックな話ですが、ベッドシーンがほとんどなく、あっても抱擁して温かみを感じるというようなほっとするシーンのみです。そのあたりがまたこの作品をただのラブストーリにしていないと思いました。だからこれはイギリス史が知りたい学生の方でも読める作品だと思います。本当に歴史が豊かに語られていきます。歴史にご興味があってロマンチックなお話が読みたい方はほんとうにおすすめ。

難易度を星4つにしたのは、現代のシーンはそれほど難しくなく、読みすすめられるんですが、300年前のシーンでは、時代の感じを出すために少し堅い感じだったのと、歴史が絡むのでその理解が必要だと思ったからです。3つか4つかそのあいだかってかんじだと思います。

いつものことなんですが、私ってラストが結構よめちゃう人間で、これもやっぱり自分の推理がズバリ当たってしまったんですが、それでも大満足のお話でした。ファンクラブ入ろうかなあと思うくらい。

日本でこれ読んでいるのがもし私1人だったらもったいない。どなたか読んでらっしゃらないかなあ。きっとどこかにいらっしゃるはず。どなたかいらっしゃいませんか~?

ヒストリカルロマンスお好きな方どうか読んでみてほしいです。素晴らしい作品でした。

今日から新しい仕事がスタートです。新しい職場にはじめて足を踏み入れました。しばらく慣れるまでPB読むの自粛かなあ。

1月から数えて14冊目。1ヶ月5冊はちょっと無理でしたが、今のところ4冊ベース。今からペースダウンする予定ですが。目標は達成できるかな。読めば読むほど「もっと読みたーい!」となりますな。PB中毒状態。

今日も来ていただきありがとうございました。